自分でフローリングの補修をする方法

フローリングというのは、木でできていますから、衝撃に弱く、ものを落としたり、家具を引きずることですぐに傷がついてしまいます。

小さい傷はそれほど目立たないかもしれませんが、深い傷や広範囲についてしまった傷は、目立ってしまいますし、そこから被害が広がってしまう可能性もありますから、できるだけ早く補修をした方がよいでしょう。
フローリングの補修や修復というと、専門の業者に依頼するものだと思っている人も多いかもしれませんが、最近はホームセンターなどでも手軽に補修グッズが手に入るようになりましたから、自分でも補修をすることができます。フローリングの傷でももっとも多いのは、数を引きずったり、子供のおもちゃでできた傷などではないでしょうか。浅くて細かい傷が無数についてしまい、光があたると目立ってしまいます。



こういった浅い傷には、市販のクレヨンタイプの補修剤を塗り込むだけで、傷を目立たなくすることができます。



鋭利なものを落としたり、重たいものを落としてしまってできた傷や凹みというのは、先ほどのクレヨンタイプのものを細かく削り、ライターであぶって溶かし込むと、傷を埋めていくことができます。

はみ出した部分は、ヘラや下敷きを使って削り取ると、傷を消すことができます。
表面が単色で違和感がある場合には、木目を描きたすことで、違和感なく修理を行うことができます。

このように、業者に依頼しなくても、ほとんどの傷や凹みは自分でも修繕することができますから、一度試してみるとよいでしょう。



top