フローリング補修について

フローリングは、うっかり硬い物を落としたり引き摺ったりした場合はもちろん、長年の生活や使用によっても劣化し傷んでいきます。
補修の仕方には、大まかに言って二種類あります。一つは、小さい傷やへこみなどで自分で補修できる場合です。

もう一つは、自分では補修できない大きな傷や深い傷、広い面積に及ぶ劣化です。



小さな傷やへこみならば、ある程度、自分で補修できます。

細い引っ掻き傷で、それほど気にならないようでしたら、そのまま様子を見ているうちに目立たなくなる場合があります。
気になる大きさでも、へこみが無く色が剥げた程度ならば、手軽に塗れるフローリング専用ペンタイプの塗料がホームセンターなどで販売されています。



塗る際には、剥げた部分をきれいにします。

既に時間が経って汚れているならば、洗剤を使って汚れを落とし、完全に乾いてから塗り始めます。最初は薄く塗り、一旦乾かします。


乾いたら再度重ね塗りをします。
再び乾くまで待ち、周囲との濃度の差を見て、薄いようなら更に重ね塗りをします。一気に濃くせず、薄塗りを繰り返すのがきれいに仕上げるコツです。


へこみやえぐれた場合には、まず傷の中をきれいにします。
ゴミが入っていたら掃除機などで吸い取ったり、箒や先の細い道具でゴミを取り出します。

次に、傷やへこみの中にパテを埋め込みます。



パテが乾いたら優しくサンドペーパーで表面を滑らかにし、削りカスを掃除した後、塗料を塗ります。方法はへこみのない傷の場合と同じです。


いずれの材料・塗料もホームセンターで入手できます。


広い面積が日焼けにより色褪せてしまったり、冷蔵庫を置いていた部分が熱によりフローリング材そのものが変質してしまった場合には、自分で補修することはかなり難しいです。専門の業者に依頼するのが無難です。

top